毛皮の協会

今となっては、日本人に完全に根づいていると言ってもいい毛皮製品でありますが、その協会の存在についても、大きくクローズアップされてきています。毛皮にまつわる話題については、動物愛護団体などからの厳しい意見があることも事実であり、協会への問い合わせなどが多く寄せられるといいます。しかしながら、一方において、長い目で見た場合に、毛皮製品についても、最終的には土にかえるということになり、究極のエコという考え方をする人もいます。日本毛皮協会では、毛皮に関する正確な情報や知識を多くの人に身につけてもらおうという信念のもとに、毛皮に精通した人を講師として大学や専門学校に派遣するなどして、後進の育成にも余念がないとされています。協会の活動に対しては、さまざまな意見があるのは確かでありますが、世界第三位の経済大国とされる日本に存在する協会としての世界からの視線も注がれていることを念頭においた取り組みが期待されています。

Go top