毛皮のなめしとは

毛皮のなめしとは、そのままにしておくと腐敗してしまうか水分が抜けて硬くなる皮に含まれるコラーゲン繊維に対してなめし剤を結合させて、素材として利用できるよう変化させることをいいます。なめすことで毛皮が劣化することを抑えつつ、柔らかくすることができます。 毛皮のなめしは植物由来の成分であるタンニンや、塩基性硫酸のクロムが使われることが多いです。タンニンでなめすことで堅牢で伸縮性は小さくなるため、鞄などに利用されることが多くなります。また、クロムでなめすと弾力が生まれて、柔軟性もあるため服など利用範囲が広くなります。短い期間でなめすことができ加工もしやすくなっています。タンニンとクロムが持っている特長を生かす混合なめしという方法もあります。 なめしが行われた皮は専門業者やタンナーによっていろいろな加工と色付けが行われてから、工房に渡っていきます。なめす際の工程は工場見学などを実施している企業で見ることができます。

Go top