タヌキの毛皮の特徴とは

毛皮の衣服についてですが、それぞれ使っている動物によってその特徴が変わって来ます。その中でもタヌキはなかなか人気のある物かもしれません。タヌキの毛皮なのですが、日本や中国やロシア、さらに韓国が産地となっていますが、その中でも特に人気があり質が高い物としては、日本の北海道や、東北産の物で多く輸出されています。ただし、日本のタヌキについては、鳥獣保護の対象動物となっておりますので、輸出をする場合には原産地証明書の提出が必要になっています。 一般的には、刺し毛については強く長い物になっており、黒や茶色やクリーム色が混在している物になっています。綿毛については、黄褐色であり長くてシルキーなのが特徴と言えるでしょう。さらに密度もしっかりとしており、耐久性や保温性に関して優秀な毛皮と言えます。他にも綿毛だけで毛皮が作られることも珍しくはないでしょう。他にも刺し毛については、筆に使われる事も少なくはありません。

Go top