本物の毛皮が高いときはフェイクファーで代用しよう

本物の毛皮は、作れる数も少なくなりますし、一般的にとても高額になりがちです。とくにミンクなどの希少な生物の毛皮は、売っているのもあまり見かけないほどレアなものになっている時代です。どうしても毛皮ファッションを決めたいというなら、フェイクファーのものを選ぶというのが、若者たちの間で主要な選択肢となっています。近年はフェイクファーの作成技術も上がっていて、ほとんどリアルファーと変わらない見た目のものが販売されています。触り心地もすばらしく、保温性にも優れていて、しかも匂いなどもないので使い勝手がいいのです。毛皮に詳しくない人が見れば、全く区別は付きませんし、何よりも本物の毛皮よりもメンテナンス性に優れていたりするので侮れません。そのまま洗濯ができるタイプのものがあったりして、悪い選択にはなりにくいのです。さまざまな小物にもフェイクファーのものが増えてきていて、ちょっとしたファッションのアクセントに使えます。

Go top